帝国書院の地図づくりへの想い

大正6年から 変わらぬ想いで

帝国書院は、大正6年(1917年)に創立して以来、地図帳や地理の教科書を一貫して編集・発行してまいりました。

創始者である守屋荒美雄(もりやすさびお)が満を持して執筆した『動的世界大地理』。従来の静的な地理学を打破しようという彼による「動的に世界を捉えること」を特色とした同著の精神を創業以来 変わらず引き継いでいます。

羅列的に学ぶのではなく、それぞれの事象が関連していることを意識する。そのことから、地理学が一般の人にも必要な学びであり、生活の役に立つ内容ではならないということを大事にしています。

帝国書院の地図・教科書づくりについて詳しくはこちら 地図・教科書づくりの精神