地図で読む松本清張

文豪・松本清張の作品の舞台を地図とともに解説。地図と合わせて読むことで、作品の世界観は一層深みを増したものになります。

商品コード
51452
ISBNコード
978-4-8071-6538-4

定価:1,980円(本体価格1,800円+税)

  • amazon
  • Rakutenブックス
  • ハイブリット型総合書店 honto

日本推理小説界の巨星・松本清張の作品の舞台を地図とともに解説。地図と合わせて読むことで、作品の世界観は一層深みを増したものになります。本書で扱うのは『ゼロの焦点』『砂の器』『点と線』『火と汐』『時間の習俗』『或る「小倉日記」伝』『波の塔』『球形の荒野』『Dの複合』『眼の壁』『天城越え』の全11作。巻末には多くの清張作品の舞台となった昭和30年代の中学校地図帳も復刻して収録。ほかにも、清張作品に登場する鉄道路線や列車名がわかる資料もあり、清張ファンのみならず、鉄道ファンも垂涎の一冊。

判型 A5
ページ数 168
購入方法 書店または各種ECサイト
発行年月 2020年12月
編・著者 帝国書院編集部
素材