会社案内   教科書購入のご案内   お問い合わせ   著作物利用申請について   サイトマップ   採用情報   English
世界・日本の写真
日本
地理写真の部屋
歴史写真の部屋
公民写真の部屋
写真撮影旅行記
 
写真で見る世界のようす (掲載写真の無断転載や引用、発行、出版物への使用はご遠慮ください)
エチオピア
【2018年7月 写真撮影:林 佑亮】
1.アディスアベバ
エチオピアの民族衣装アベジャリブスを売る店。
2.アディスアベバ
アフリカ最大級の市場メルカート。
3.アディスアベバ
アフリカ最大級の市場メルカート。
4.アディスアベバ
アディスアベバ中心部のようす。

【2006年3月〜4月 写真撮影:帝国書院】
1.ウントッド山頂にある伝統的な家屋
2.バハルダール
エチオピア北東部、タナ湖畔にあるアムハラ州の州都。標高1800m。メルカート(市場)の様子
3.青ナイル滝
ナイル川源流のひとつ。タナ湖から南へ35km。
4.「ゴンダールの城(不思議の城)」(世界遺産)
ゴンダール王朝時代(1632〜1784)に歴代の王によって建てられた6つの城が堅固な城壁の中に残されている。第2代ヨハンネス1世の宮殿。
5.「ゴンダールの城(不思議の城)」(世界遺産)
初代ファシリデス帝の宮殿。4階建てで最も大きい。
6.「ラリベラの岩の教会群(世界遺産)」
ギョルギス教会。エチオピア正教の重要な守護聖人「聖ゲオルギウス」に捧げられた教会。12m×12mの美しい十字架型。「ラリベラの岩の教会群」はザグウェ王朝(12世紀末〜13世紀)の第7代ラリベラ王が巨大な一枚岩をくりぬいて11の教会を造った。
7.「ラリベラの岩の教会群(世界遺産)」
ギョルギス教会。エチオピア正教の重要な守護聖人「聖ゲオルギウス」に捧げられた教会。
8.ソド町
燃料を売っている。
9.ワライタ族の家族
このほかに農耕に出ている男性たちがいる。
10.ドルゼ族の家
アルバミンチから車で1時間半ほどの山中にあるドルゼ族の集落。この付近は竹林が多く、家は竹を編みその上に竹の皮を覆う。
11.ドルゼ族の家屋の内部
竹で内部が仕切られている。 家畜部屋、食料保管庫など。
12.ドルゼ族(人口約1万人)
チェンチャ村の土曜マーケット。野菜類は貧弱である。
13.ドルゼ族
チェンチャ村の土曜マーケット。たばこを吸う人。
足元の黒い固まりがたばこ
14.コンソ族
ゲモノ村のコミュニティーハウスとその前の広場。
15.コンソ族
各家庭で「チャガ」というビールをつくる。これを日常的に飲んでいる。
16.コンソ族
モロコシをつく少女。
17.コンソ族の「ワーガ」
木彫りの像で、一種の祖先神の具象化。
18.雄大なオモ渓谷
19.エレボレ族の少年
顔や胸に白い点々の模様を描いている。
20.トゥルミ村の月曜マーケット
装飾品が多種売られている。
21.トゥルミ村の月曜マーケット
マーケットに来た男女。
22.トゥルミ村の月曜マーケット付近
ハマル族の民家。
23.カボ村
ハマル族のダンス。男女15人ほどが一列に並んで歌を歌いながら踊る。男性はジャンプするなど力強さをアピールする。
24.巨大な蟻塚
オモ川左岸の小高い丘の上には、高さ数メートルのシロアリの巣が多数見られる。
 
25.カロ族の男性
銃と腰掛を持ち、上半身を白くペイントしている。長身である。
26.カヤファ村
ベナン族の木曜マーケット。ニンニク、しょうが、塩など香辛料を売る店。
27.ツェマイ族の少女
ツェマイ族は人口約3000人の少数民族。