会社案内   教科書購入のご案内   お問い合わせ   著作物利用申請について   サイトマップ   採用情報   English
世界・日本の写真
日本
地理写真の部屋
歴史写真の部屋
公民写真の部屋
写真撮影旅行記
 
写真で見る世界のようす (掲載写真の無断転載や引用、発行、出版物への使用はご遠慮ください)
イラン
   
【2012年10月 写真撮影:山崎 冬紘】
1.テヘラン
公園に集う女学生たち。
2.テヘラン
バザール(市場)。
3.イスファハーン
マスジッド・イマームのイーヴァーン。
4.イスファハーン
マスジッド・イマーム入口へ向かう、ムスリムの女性たち。
5.イスファハーン
イマーム広場とマスジッド・イマーム。
6.イスファハーン
マスジッド・シェイフ・ロトゥフォッラー。
7.イスファハーン
アルメニア人地区に建つアルメニア教会、ヴァーンク教会。
8.イスファハーン
エイデ・ゴルバーン(犠牲祭)の日に集まり、お参りをするようす。
9.ヤズド
ゾロアスター教徒が死者を鳥葬するときに使われていた塔、ダフメイェ・ザルトジュティヤーンと集会場跡。
10.ヤズド
ゾロアスター教徒たちがかつて儀式に使っていた集会場とゾロアスター教徒の墓地。
11.ペルセポリス
ペルセポリス宮殿の入口に立つ、クセルクセス門。
12.ペルセポリス
ペルセポリス宮殿内部、百柱の間。
13.ペルセポリス
ダレイオス1世宮殿と中央宮殿。
14.ペルセポリス
アケメネス朝歴代の王たちの墓。

【2011年8月 写真撮影:帝国書院】
1.コム
マシュハドに次ぐシーア派の聖地コムにあるファーテメ廟全景。
2.コム
コムの名物菓子ソウハーンの店。ソウハーンは、オイル、バター、卵、小麦粉、サフラン、砂糖を油で揚げて作る。
3.カーシャーン
最近発見された6000年ほど前のジッグラド(神殿)跡テッペシアルク。イラン高原では最古のジッグラド。
4.アブヤーネ
村のようす。
5.エスファハーン
ヴァーンク教会。内部は極彩色の宗教画に彩られている。
6.エスファハーン
ザーヤンデ川に架かるハージュ橋。今年は渇水がひどく、枯れ川となっている。
7.エスファハーン
イランのノンアルコールビール。厳格なイスラムの国とされるイランでは、酒類は一切売られていない。
8.エスファハーン
イランでは、野菜や豆類が多く食べられており、豆のスープやサラダ、野菜や肉の煮込みが特徴。
9.エスファハーン
イランの伝統的な体操であるズールハーネ。重い棍棒や鎖などを使って、指揮者の太鼓と鐘に合わせて体操を行う。
10.エスファハーン
エマーム広場の夜景。
11.エスファハーン
マスデジェ・ジャーメの内部。
12.エスファハーン
マスジェデ・エマームの内部。青を基調としたモザイクタイルで飾られている。
13.エスファハーン
マスジェデ・シェイフ・ロトフォッラーの内部。ドームの頭頂部に光が差し込むと、クジャクの羽のように見える。
14.エスファハーンローマアーリー・ガープ宮殿の音楽堂。楽器などをかたどった穴を設け、反響をしないように工夫されている。 15.ナイン
ナインはイスラム僧侶が着る袈裟の産地で、写真の男性はホメイニ師の袈裟も作ったとのこと。
16.ヤズド
ヤズド近郊はピスタチオの産地。ピスタチオはイランではごく普通のナッツで、1sで5,000リアル(40円ほど)ほど。
17.ヤズド
白米と鶏肉を合わせたイランの代表料理チェロウ・モルグ。
18.ヤズド
マスジェデ・ジャーメ。内部は他の都市の寺院同様、青を基調とした装飾で彩られている。
19.ヤズド
沈黙の塔(ダフメ:写真左丘の上の円筒形の建物)。風葬を行っていたゾロアスター教徒の遺体安置場。
20.ヤズド−ペルセポリス
ヤズドから南へ向かう道路沿いのガナート。こんもりと盛り土がある部分に穴が掘られており、下に水路が敷かれている。
21.ヤズド−ペルセポリス
イランは稲作も盛んで、少し雨量の多い地域では水田が広がる。
22.ヤズド−ペルセポリス
ナグシェ・ロスタム。左奥にダレイオス二世墓がある。
23.ヤズド−ペルセポリス
ナグシェ・ロスタム。シャープール1世の息子ナルセス王のレリーフ。
24.ペルセポリス
ダレイオス1世の宮殿タチャラ(立入禁止)。多くの脊柱やゲート跡が残っている。
25.ペルセポリス
26.シーラーズ
エラム庭園の同名宮殿。「エラム」とはペルシャ語で楽園を意味する。
27.シーラーズ
ザンド朝時代の雰囲気を残しているバザーレ・ヴァキール。
28.シーラーズ
バザーレ・ヴァキールの香辛料店。
29.シーラーズ
アリー・エブネ・ハムゼ廟内部。全面鏡のモザイクで飾られている。
30.シーラーズ
アリー・エブネ・ハムゼ廟内部。イスラムでは祈願等は禁止なのだが、いたる所で行われている。
31.テヘラン
市街地のようす。
32.テヘラン
急激な都市化で交通渋滞が深刻になっている。