3.台北市 松山区
1753年創建の松山慈祐宮(媽祖娘娘という女神を祭る)。 元々、航海や漁業の神として信じられていたが、現在では万物にご利益があるとされている。