6.ピョンヤン(平壌)
早朝の通勤通学風景